未来バンクとは

未来バンクとは、市民が組合員となって出資していただいた資金を、環境・市民事業・福祉の目的に関して、市民やNPO団体・法人が起こす社会的有用性の高い事業や取り組みに対し「融資」という方法で支援することを目的に設立された、市民による市民のための非営利バンクです。

1994年4月に日本で最初に設立された未来バンク事業組合とその融資部門をもつ未来舎、天然住宅バンクが合併し、2019年2月1日に「未来バンク」となりました。

未来バンクは、すべての人が、お金に意志をもたせ、環境・福祉・地域市民のためになる活動にお金をまわし、自ら住みよい未来のつくり手となる社会の実現を目指します。

→「理事長メッセージ」へ

→「未来バンクの歩み」へ

→「団体概要」へ

未来バンクの目指す社会

すべての人が、お金に意志をもたせ、環境・福祉・地域市民のためになる活動にお金をまわし、自ら住みよい未来のつくり手となる社会

NPOバンクとは

「NPO バンク」は、市民が自発的に出資した資金により、地域社会や福祉、環境保全のための活動を行う NPO や個人などに融資することを目的に設立された「市民の非営利バンク」のことで、「金融 NPO」「市民金融」などとも呼ばれています。
最初のNPOバンクは1994年に設立された「未来バンク事業組合」 (東京都・田中優代表)で、以後全国各地に続々と誕生しています。現在は全国で 12 団体が活動してい ます。 NPO バンクの運営の特徴は、趣旨に賛同する市民や NPOが組合員となり、1 口数万円単位の出資を行い、それを原資にNPOや個人に低利(1~5%程度) で融資します。出資者にとっては、元本保証がない、出資金を自由に引き出せないなどのデメリットもありますが、目に見える形で自分のお金が運用されることが最大の魅力となっています。